2020年10月31日土曜日

行政書士試験「請負」(2011-34)【条文知識問題】

民法改正に伴い解説に補足する。

ア)、ウ)、エ) 

【改正点】なし。

イ) 民法と同様である。634条2項。

【改正点】あり。旧634条は削除された。
旧634条2項が規定していた、「瑕疵の補修(修補)に代え、または補修(修補)とともに、瑕疵に基づく損害賠償」を求め得るか否かは、契約不適合を理由とする追完請求権等に関する売買の規定の解釈(準用。559条、562ー564条)に委ねられることになった。道垣内弘人編『解説民法(債権法)改正のポイント』(2017年、有斐閣)442ー443頁参照(石川博康執筆)449頁。

原田尚彦「裁量権収縮論」

 「一 法治行政と行政便宜主義」  行政庁は、公共の安全と秩序を保持する責任を負い、「そのために国民の権利自由に規制を加える権限を有している」。そしてこの権限は、「行政法規の授権するところに従い、法規にそって行使しなければならない」( 法治行政の原則 )。但し、授権がある場合でも...