2021年8月16日月曜日

行政書士試験「代理」(2009-27)【判例、条文知識問題】

民法改正に伴い解説に補足する。

1)、3-5) 

【改正点】なし。

2) 誤り。当該契約は、自己契約の問題というより制度趣旨-代理行為が本人の利益を害する-を同じくする「利益相反」(826条1項)行為に該当するので、効果はAに帰属しない。山田-河内-安永-松久『民法Ⅰ』第3版補訂(2007年、有斐閣)171頁以下。

【改正点】あり。826条1項がここで引用されているが、改正の結果、本肢の様な場合についての明文規定が新設された(新108条2項)。

幸徳秋水『帝国主義』2

 「第3章 軍国主義を論ず」 軍国主義の「原因と目的」 「防御以外」「保護 以外にあらざるべからず 」。  軍備拡張の原因 「一種の狂熱」「虚誇の心」「 好戦的愛国心のみ 」。  甲「平和を希う」乙が侵攻しようとしている、乙「平和を希う」甲が侵攻しようとしている:「 世界各国皆同...