2021年8月16日月曜日

行政書士試験「代理」(2009-27)【判例、条文知識問題】

民法改正に伴い解説に補足する。

1)、3-5) 

【改正点】なし。

2) 誤り。当該契約は、自己契約の問題というより制度趣旨-代理行為が本人の利益を害する-を同じくする「利益相反」(826条1項)行為に該当するので、効果はAに帰属しない。山田-河内-安永-松久『民法Ⅰ』第3版補訂(2007年、有斐閣)171頁以下。

【改正点】あり。826条1項がここで引用されているが、改正の結果、本肢の様な場合についての明文規定が新設された(新108条2項)。

丸山眞男「日本の思想」

   「思想が対決と蓄積の上に歴史的に構造化され」ず、ある論争が「共有財産となって、次の時代に受け継がれて」ゆかないという伝統が、日本の論争史にはある。論争において、「これだけの問題は解明もしくは整理され」何がそうでないか「けじめがいっこうにはっきりしないままたち消えになってゆく...